医療レーザーによる脱毛というと、現在では、ダイオード、もしくはアレキサンドライトレーザーを照射する機器を使用するのが、一般的になっています。

医療機器というのも日々進歩しているものですから、いずれは新しいものが出てくると思いますが、2015年現在では、ほとんどのクリニックで、この二つのどちらかの機器が使用されているのが現状だそうです。

今回は私が通院をしている「湘南美容外科クリニック」で使用されている、アレキサンドライトレーザーについてお話をしてみたいと思います。

医療レーザー脱毛 ジェントルレーズ

>>湘南美容外科の詳細ページはこちら

まず、アレキサンドライトレーザーを使った機器での医療脱毛のメリットは、下記のようなものがあります。

アレキサンドライトレーザーよる医療脱毛のメリット

  • 医療機器なので、エステの光脱毛などに比べて圧倒的に効果が高い
  • 照射範囲が広いので施術時間が短い
  • 痛みが少ない
  • 美肌効果も期待できる

アレキサンドライトレーザーは、元はシミ治療のために研究されていた技術であり、黒や茶色の色素に反応するものだそうです。

湘南美容外科のサイトにも、下記部分の解説に「毛根のメラニンに反応する」とあります。

医療脱毛機器ジェントルレーズのイラスト

ですので、脱毛の場合は本来の目的ではありませんが、照射されると、その部分のシミやホクロが薄くなったり、消えたりする事があります。

これは私自身、想定外のラッキーな副産物として実感しています。顔全体の脱毛で、しみが明らかに薄くなりました。

また、黒や茶色の色素に反応するもののため、白髪や金髪などには反応せず、そのような毛には脱毛効果を得る事ができません。

(ですので、金髪、白髪の外人さんはこの機器では脱毛できないそうです。)

…簡単にまとめると、アレキサンドライトレーザー脱毛には上記のような特長があります。

アレキサンドライトレーザーによる医療脱毛で期待される効果について

私自身の体験談として最もわかりやすいものを挙げると、下記の足脱毛での3回の照射を受けてのビフォアアフターかと思います。

モジャモジャのメンズの足でも、3回でこのくらいの効果があります。

管理人鈴木ヒロシの足の永久脱毛ビフォア・アフター

湘南美容外科の方で提示されている資料では、体のどの部位であっても、だいたい6回の照射が完了の目安のように書かれていていますね。

個人差はあるところかと思いますが、だいたい6回も照射を受ければ、ムダ毛8割から9割減というレベルに到達するのではないかと思います。

男女のムダ毛の中で一番濃い男性の「ヒゲ」の場合でも、私自身は6回を受けたところで、顎やほほ・もみあげなどは、もうほとんど生えなくなっているようなレベルです。

(ヒゲ脱毛では「もう二度とひげ剃りがいらないレベルに根絶したい」となると、15回から20回という事もあるそうです。)

ですので、3年~4年通っても、まだ全然ムダ毛が残っている…という話も多いエステ脱毛と比較するとすれば、圧倒的に高い効果があると言って良いかと思います。

Yahoo知恵袋等の質問投稿サイトで、実際にエステから医療脱毛に乗り換えた女性のコメントなどもよく見かけますが、

女性コメント「5回でもうほとんど生えてこなくなった」
「エステに行っていた期間が悲しくなるくらいあっさり減った」
「結果的にエステに払っていたお金よりも、医療脱毛の方が安かった」

などなど「最初から医療脱毛を選んでおけばお金を損しなくてすんだ」という言葉が多いです。

アレキサンドライトレーザーでの永久脱毛は

「医療機関での医療機器による治療」

という事になりますので、上記のような確かな効果が期待できます。

◆アレキサンドライトレーザー脱毛の痛みはどの程度のものか?

では次に、アレキサンドライトレーザー脱毛による、施術時の痛みについて。

アレキサンドライトレーザーが使用されている脱毛機器は、レーザー照射の際に感じる痛みが少なくなるための配慮もされており、例えば湘南美容外科で使用されている「ジェントルレーズ」という機器では、レーザー照射と同時に、ガスで冷風が肌に吹き当てられ、これによって肌ダメージと痛みを軽減しています。

湘南美容外科新宿レーザー院:施術室とアレキサンドライト

実際に感じる痛みを、私の体験談からお話すると、

・ワキ脱毛の痛み

ほとんど冷風を吹きかけられている程度の感覚で、全然痛くない。
たまに、場所によってはチクチクと痛かゆいのが何発か感じるくらい。

・腕脱毛の痛み

ほとんど冷風を吹きかけられている程度の感覚で、全然痛くない。
たまに、場所によってはチクチクと痛かゆいのが何発か感じるくらい。

・足脱毛の痛み

膝上(太もも)

ワキや腕よりも、更に痛みは少ない。
施術を受けている途中、眠かったら寝てしまえるレベル。

ヒザ下(膝小僧から下)

膝小僧など脂肪の薄い部分は、ちょっと痛い。
だが我慢できないレベルでは全くない。

・ヒゲ脱毛の痛み

ほほやモミアゲ

ボディの脱毛に比べればそれなりに痛みは強いが、男がこの程度でギブアップとか言っちゃダメなレベル。

鼻下とアゴ

1回目の照射の時点から結構痛い。
特に、出力が上がる3回目以降は痛みが強い。

手に汗握り、目に涙がにじむ事も。
この部分には麻酔という選択もアリ。

…という感じです。

ですので、基本的に濃いヒゲのない女性の場合は、全身どこであっても、アレキサンドライトレーザー脱毛であれば、全く麻酔は不要と考えてもOKかと思います。

永久脱毛にバッチリ成功!

「女性はアレキサンドライトレーザーでの永久脱毛なら、麻酔なんて全然いらないよ!」

ちなみに私は、髭脱毛の際に、最初の一回だけ興味本位で麻酔をしてもらいましたが、それ以降はそのまま受けています。

一番痛いヒゲの部分といえども、大人が我慢できないようなものではありません。

ちなみに、湘南美容外科で施術をしてもらった際、「過去に施術の途中でもう痛くて我慢できないのでギブアップしたという患者さんはいらっしゃいますか?」という事を聞いてみたところ

看護師さん

施術中に痛みが原因で中断となった方は、いままでに一人もいらっしゃいません

という回答でした。

そして、実際に麻酔の利用を希望するという人も、1割にも満たないそうです。

おそらくこの1割に満たない数の人も、未体験の初回に不安があるだけで、2回目以降麻酔無しにしている人がほとんどなのではないかと思います。

なので、痛みという部分で考えても、アレキサンドライトレーザーによる永久脱毛は、非常に優秀なのではないかと思います。

また、肌へのダメージを考えた場合にも、安心で安全な方法かと思います。

私は肌が弱く、高校生の頃まではそこそこなアトピー持ち、弱い日差しでも日焼けする、ヒゲ剃りでは毎日ボロボロにカミソリ負けする…というタイプですが、施術後に火傷が発生したり、その他肌のコンディションが悪くなったという事もありません。

◆結論!大手クリニックが採用している「アレキサンドライトレーザー脱毛」は、やっぱりおすすめ

以上、アレキサンドライトレーザーによる永久脱毛について、自分自身の体験談を交えてお話をしてみました。

湘南美容外科という、日本の医療脱毛最大手のクリニックが採用している方式だけあります。やはり、効果も確かで安心です!

ですので、これから永久脱毛考えている方で、

・効果が遅くて何回も通うのが嫌
・痛いのが嫌
・あわよくば脱毛のレーザー照射でシミなんかもちょっと減ってくれたら嬉しい

という希望がある方は、アレキサンドライトレーザーを使用しているクリニックを選ぶのが良いかと思いますよ(^^)

…以上、実際に自分自身で何度もアレキサンドライトレーザーの照射を受けている、鈴木ヒロシの解説でしたm(__)m