鈴木ヒロシ鈴木ヒロシ

陰部の脱毛(ビキニ・ちんちん・金玉・肛門)を始めて今回2回目!30代男の体験談です

こんにちは!永久脱毛リアルメンズ脱毛体験レポーター1号の鈴木です!

私は2017年からメンズのシモの毛(アンダーヘア)の医療脱毛に通いはじめ、今回は2回目を受けてきました。

通いはじめてからの変化と、今回の施術で感じた事などをお話していきたいと思います。

準備や流れ、施術後の経過などまでお話しますので、現在メンズのVIO医療脱毛が気になっている方は、ぜひ参考にしてください!

男のVIO医療脱毛2回目現在の経過:毛量・状態など

今回の男のVIO脱毛では、前回施術を受けたところからきっちり3ヶ月経過していますので、生き残り組のムダ毛ジャングルもきっちりと再生してきています。

私は今回のVIO脱毛では、ゴリラクリニックに通院していますが、こちらでも他のクリニックでもカウンセリングで聞いた際には

「アンダーヘアまわりのムダ毛は減りにくいので、最初の1、2回では、ほとんど変化を感じないかもしれません。ですので、後にデザイン脱毛したいと考える場合でも、最初は全体の照射で問題ないかと思います。」

という事を言われていましたので、それに従って全体(チン毛、玉竿の毛、肛門の毛)をお願いしました。

その結果としては上記の写真の通り、まばらになっているような部分もほとんどなく、「ノーデザイン・ノーお手入れ」に見える状態ですね。

写真ではちょっとアダルトコンテンツに属するためお見せできない(笑)部分の、玉竿や肛門についても、まだ減った効果を実感レベルで感じる程ではありません。

ただ、全体の毛が以前のようなゴワゴワの剛毛ではなく、少々主張が減って細くなっているような感覚はあります。

今考えているところでは、いわゆる「チン毛」(下腹部・男性器上のもじゃもじゃ)は、全てツルツルのパイパン状態にまでする気はありませんので、この部分については、後1、2回程度照射してから、しばらくお休みしようかと考えています。

男性器の玉竿と肛門(Iライン、Oライン)については、デザインする必要も少し残す必要もありませんので、ここはパーフェクトなレベルを目指しています。

おそらく男性のVIO脱毛の希望としては、私のように考えている方が一番多いのではないかと思います。

さてさて、ここからどうなるものやら…

それでは、今回メンズのVIO医療脱毛2回目の体験談、行ってみたいと思います!

男のVIO医療脱毛2回目施術当日

私鈴木は地方に住んでいて、仕事で東京や大阪に出張に出るタイミングに脱毛に通っています。(2014年からこのスタイルです。)

今回は2泊3日の東京出張だったので、早速ゴリラクリニックに予約の連絡を入れました。

初回に施術をしてもらった新宿院には希望の時間の空きがなかったのですが、上野院では空きがあったので、そちらで取ってもらう事にしました。

やはりゴリラクリニックや湘南美容外科のように、東京の中にいくつも院があって自由に選択可能なところは、本当に通いやすくて助かります!

医療脱毛受ける際には、前日に自分でムダ毛を剃っておく必要がありますが、今回は出張のスケジュールなどもあり、2日前に処理をする事にしました。

(ビジネスホテルでチン毛を剃る…というのも、なんか迷惑な気もしたので)

ま、一日早く剃ったぐらいで、そんなに大きな違いもないだろうと思っていたのですが、そこは剛毛なチン毛ゾーン、たった1日でなかなかの伸びを見せてくれました。

過去に身体の脱毛で通った中では、一番剃りが甘いレベルになってしまいました。

鈴木ヒロシ鈴木ヒロシ

これ、もしかして剃り残しで注意されるかも…

というちょっとした不安を抱えながら2回目に向かう事となりました。

・ゴリラクリニック上野院にメンズVIO脱毛2回目スタート

今回は平日の18時の予約で仕事が終わってからの通院。

一般的に脱毛のクリニックは18時から19時あたりで営業時間が終了のところが多く、平日に通うのはなかなか難しいところも多いのですが、ゴリラクリニックは20時まで営業しているので、このあたりも助かります。

今回は予約の時間より少し早めに到着しましたので、フリードリンクをいただきながら、テレビを見て少々待機。

前回同様、今回も予約時間ほぼぴったりに施術室に案内されました。

今回は下半身の脱毛になりますので、担当の男性看護師さんから渡されたものに着替えます。

こんな感じで、バスタオルをボタンで止めたようなものです。

下半身の脱毛だからといって、完全なる素っ裸になるという事はありませんので、そこは安心ください(笑)

・今回のチン毛施術では笑気麻酔なしにチャレンジしてみる

初回のVIO脱毛の際は、施術直前になってビビって麻酔をお願いするという日本男児らしかなる行動をしてしまったので、今回は覚悟を決めて「麻酔なし」でいってみる事にしました。

まあ実際のところはそういう男らしい覚悟をしたわけでもなんでもなく、前回はほとんど痛みを感じなかったので、このレベルなら麻酔がなくても大丈夫じゃないか?麻酔代もかからなくて済むし!というのが本音です。

という事で、今回は笑気麻酔マシン殿は出番なしです。

さて、それではスタートです。

・やっぱり「剃り残し」になってしまった…

さて、先の「事前処理の剃毛」のところでお伝えした通り、剃毛したのが2日前のため、当日は毛が少し伸びた状態になっていた件ですが、これはやはり、このままでは施術できないレベルだったみたいです…

確かに、皮膚表面に3,4ミリくらい出てる毛もありますもんね…

ゴリラクリニックでは剃毛補助は無料でやってもらえますし、自分では処理しにくいIラインやOラインについてはお任せできる事になっていますが、自分で手が届くVラインの処理で手間をかけてしまったのは、ちょっと申し訳なかったです…

シェーバーで毛を剃った後にすぐにレーザー脱毛の照射をするという事も、肌ダメージの事を考えるとあんまりよろしくない事だと思うので、自分の肌のコンディションを守るためにも、剃毛はしっかりと行っていくようにしましょう!

それと「やっぱり剃毛補助無料のクリニックは助かる」という事を改めて思いました。

・2回目メンズ医療VIO脱毛の痛みについて

さて、初回を笑気麻酔「あり」で受けたところから、今回「なし」にて体験してみた結果。

やっぱり、ムダ毛が濃くて太い部分は、痛みの少ないメディオスターでの脱毛といえども、それなりに痛いです!

初回の笑気麻酔ありで施術を受けていた時には「肛門まわりが少し痛いくらいかな?」という感じだったのですが、今回は、「チン毛」(Vライン)の性器に近い根本の部分に、はっきりとした痛みを感じました。

痛い!というよりは、熱い!という感じで、反射的に「熱ッ!!!アチッ、アチチ…」とか言ってしまいました。

前回は全然痛みを感じなかった部分なので油断していた事もありますが、我ながら結構カッコ悪かったです…

それとは逆に、以前は麻酔を利用している状態ながらも、ちょっと痛いなと感じていた「肛門」については、それほど痛いとは感じませんでした。

VIO脱毛の施術ではそれほど頻繁に身体の位置を変える必要などはなく、「仰向け からの 横向き or うつ伏せ」という程度で、あとは少し膝を曲げたり伸ばしたりするくらいです。

恥ずかしい部分での脱毛だからといって、受ける側のこちらの立場としては、それほど大変な事や神経を使う事はありません。

今回もだいたい前回同様、合計45分ぐらいで施術完了となりました。

全体的な感想としては、ちょいと我慢が必要なレベルの痛みを感じたのは、ちん毛の根本の一部分だけで、その他の部分はそれほど強い痛みは感じませんでした。

施術を受けた後の状態としても、特に、痛み、赤み、かゆみ、などが残るような事もありませんでした。

2回目VIO脱毛の施術を終えてからの肌コンディションについて

アンダーヘアまわりの脱毛施術の後は、やはりどうしても性器まわりのコンディションが気になるものです。

今回も、赤くなったり、痒くなったりする事がないかチェックする意味も含めて、1ヶ月後あたりまで写真で撮影してみました。

・翌日の状態

・一週間後の状態

・一ヶ月後の状態

状態としては、翌日はほんのり赤くなっている毛穴が幾らか見られた事、1週間後あたりには1ヶ所だけニキビを潰した跡のような状態になっていた事、がありましたが、特別にコンディションが悪い事はありませんでした。

処方されていた炎症止めの薬も使いませんでしたが、1ヶ月後の写真の通りの状態です。

今回に回目のメンズVIO脱毛も、特に問題のない経過でホッとしています。

メンズのちん毛脱毛2回目を終えての感想

今回のVIO脱毛での反省点は、やはり何といっても「結構な剃り残しをやってしまった事」ですね。

ヒゲ脱毛などであれば、電気シェーバーですぐに処理する事も可能ですが、身体の部分のムダ毛、特に剛毛で伸びも早いアンダーヘアゾーンについては、注意をする必要がありますね。

カミソリ負けが心配になってしまう程深剃りする必要はありませんが、タイミングとしてはやはり、前日の夜かもしくは当日の朝に行うのが良いかと思います。

それと、処理をするシェーバーはやはりT字カミソリなどよりも、絶対に電気シェーバーが良いですね。

肌にかかる負担が、体感としても全然違います。

切れ味の悪いカミソリを使って肌を切ってしまい、その部分が施術不可になってしまうと超アホらしいですので、カミソリ処理派の方は、安いカミソリは使用しないようにしましょう。

・ちん毛の脱毛をしてから日常で思った事:やっぱり公共の場ではちょっと恥ずかしい…

私はVIO脱毛の前に、ヒゲ・足・腕・ワキの脱毛をしていますが、

これらの部分は脱毛に通って剃っている間も、銭湯やスポーツジムなどの公共の場で特に恥ずかしいと思う事はありませんでした。

ですがさすがに

「チン毛が全くなし。薄いんじゃなくて全くナシ」

という状態を、そのまま公衆の面前にさらけ出しというのは、さすがにちょっと心理的に抵抗がありますね。

特に、私が住んでいる地方の田舎などでは「チン毛が無い」人間などは、おそらく駅前の街頭アンケートで半年ぐらい聞き続けても、誰1人見つからないだろうと思います(笑)