鈴木ヒロシ鈴木ヒロシ

ヒゲの医療脱毛を開始して約4年、15回の施術を受けた現在の経過と心境についてお話してみました!

こんにちは!脱毛リアルのメンズ脱毛体験レポーター鈴木ヒロシです。

私は当サイトのメンズ脱毛体験レポーター第1号として2014年からいろいろな部位の脱毛に通っていますが、今回お話する「ひげ」は、その中でも一番最初に契約をした部位です。

ですので、ヒゲの永久脱毛を開始してからは、ほぼ丸4年が経過した状態になっていますので、それなりに「語れる」経験値はあります。

いや~、時の経つのはホントに早いものですね。

当時は「30代」と言っていたのが、もはや「アラフォー」と言わなければいけない年齢になりました(笑)

ここまでの通院内容を軽くまとめると、下記のようになります。

年齢:30代 男性(メンズ)
脱毛手段: 美容外科での医療脱毛
永久脱毛の方法: アレキサンドライトレーザー脱毛(機器:ジェントルレーズ)、ダイオードレーザー脱毛(機器:メディオスター)
脱毛開始:2014年6月から開始 2017年12月に15回目完了
契約プラン内容:ヒゲ脱毛無制限コース

それでは、ヒゲの医療レーザー脱毛を開始して4年が経過した私の現在の状況について、実際の写真を元にお話をしていきます。

ヒゲの永久脱毛から4年経過しての毛量・毛質の変化は?

まず、下記が、私が最初に契約した美容外科で、1回目のひげ脱毛を完了してから数週間後の状態です。

画質が悪くてすみません…当時はブログに載せるつもりがありませんでしたので、ほとんど写真撮影はしていませんでした。

(この写真も、古いスマートフォンを引っ張り出して、ようやく見つけました…)

あまり画質はよくありませんが、髭脱毛を開始した直後の毛量などがどの程度のものだったかということは、おわかりいただけるかと思います。

自分で言うのもなんですが、本当に見た目の汚いヒゲですよねw

肌の色が白い分、汚いひげが目立ちやすく、カミソリ負けをすると本当に口周りボロボロなみっともなさでした…

そして、下記の写真が15回のヒゲの医療脱毛を受けた後の、現在の写真です。

接写に強いデジカメを使って、顔の毛穴が写るくらいの写真で見ても、これだけの状態に至っています。

…これって、率直にすごくないですか?

毛が薄くなっているというよりも、もはやヒゲが生えてくる毛穴そのものがほぼ存在していないような感じです。

高級な電気シェーバー等を使ってパーフェクトに剃ったとしても、このような綺麗な見た目には絶対になりません。

今現在の状態としては、下記の写真で示しているように、唇の右側に、ほんのわずかに数本のヒゲが確認できる程度で、ほぼ顔全体はツルツルといって良い状態です。

脱毛開始する前は、こんなレベルまですっきりとひげがなくなるとは考えてもいませんでしたが、これが現代の医療レーザー脱毛の効果という事ですね。

ひげ剃りが「ひげ剃り専用シェーバー」から「眉毛カッター」になった

現在の私のヒゲのメンテナンスの状態ですが、わずかに生えてくる分を4日に1回程度処理するだけになっていますので、かつては毎日愛用していた「ひげ剃り専用の電気シェーバー」は、不要になっています。

私は肌が本当に弱く、ひげ剃りシェーバーもその時代に最高レベルのものを買っていました。

Amazonでレビューが4.5くらいの人気のものでも、1.5万円レベルくらいまでのシェーバーでは、全てカミソリ負けして話になりませんでした…。

下記のパナソニックのヒゲ剃り電気シェーバーも、今よりもさらに貧乏なサラリーマンでしたが、3万円近くもするものを思い切って買いました。

これが今や不要となり、なんと「眉毛カッター」の処理で充分な状態になっています。

まさか男の硬いヒゲというヤツを剃るのに、眉カッターでチッチと撫でて終わるような時代が来るとは、思ってもいませんでした(笑)

私は眉下の毛を整えるのも、だいたい4日に1回くらいのペースですので、ひげ剃りはそれと同じタイミングで行っています。

プレシェーブローションもアフターローションも必要なく、ほんの数秒で完了します。

…これ、本当に超楽です!!!

残っている僅かなヒゲも、毛質はかなり柔らかくなっていますので、ホント眉カッター処理で楽勝です。

ヒゲはちゃんと永久脱毛になっている?その後、また生えてきていない?

ネットの掲示板等を見ていても「医療レーザーで永久脱毛をすれば、そのあとも生えてこなくなりますか?」という質問がよくありますが、私の例を見ていただく通り、全く復活してくる気配はありません。

上記の写真の状態は、最後のひげ脱毛の施術を受けてからまだ半年程度しか経過していない状態ではありますが、最後の15回を受ける前には、1年半ぐらい間がありました。

14回目でほぼ今の状態に至っていたのですが、医療脱毛業界に新しく登場した「メディオスター」という、髭脱毛でも全然痛くない!という新型機種での施術を受けてみたく、試してみたものです。

ですので、この15回目の施術で、復活してきたムダ毛を抑え込んだわけではありません。

これは過去に通ったクリニックや、取材インタビューに行った先のクリニックのドクター5名以上に確認していることですが、

医療レーザー脱毛で一度毛が生えなくなった毛穴からは、その先も生えてくることはありません。

鈴木ヒロシ鈴木ヒロシ

永久脱毛を一旦完了したのに、将来的にまた生えてくるケースというのは、長期休眠状態だった毛穴が、ホルモンバランスの変化等で活動を開始したものだそうです。

ですので、永久脱毛の効果がなくなって、死んだはずの毛穴がゾンビのように復活するという事ではありません。

男のヒゲというのは色素が濃く、また、毛周期のサイクルとしてほぼ「成長期」の状態にありますので、医療レーザー脱毛の効果が最も出やすい部位です。

(…その分、痛みも強い事になるのですが)

そう考えると、一度、上記の私のレベルまで髭脱毛が完了した人間が、将来また再契約して通わなければいけない事は、まずありえないと考えて良いかと思います。

一生という長いスパンで考えると、ヒゲ脱毛はやっぱりコスパ抜群ですよね!

ヒゲが少なくなってからの変化の実感は?

ヒゲ脱毛を始める前は、毎日髭そりをするのが当たり前の状態でした。

そんな状態から、ほとんどヒゲ剃りが必要ない状態になった今、やはりそのメリットとして感じるところはいろいろあります。

肌トラブルが激減!

まず、私が記入脱毛決意するにあたって一番大きな悩みであった、

カミソリ負けで口周りが小さい切り傷だらけになる。
肌が白い分、それが目立ってすごくみっともない。

しかも、そのカミソリ負けが原因での炎症が拡大し、たまに膿のようなレベルになる

という問題が、

100%解決しました。

これがなくなっただけで、本当にどれだけ幸せか…

一度カミソリ負けによって上記のような状態が発生してしまったら、プレシェーブローションを塗る事も、ひげ剃りをする事も、すべてダメージの上塗りとなってしまうわけです。

とはいえ、ニートならまだいざ知らず、普通の会社勤めのサラリーマンが、何日もヒゲを剃らずに出社できるわけもありません…

一度発生すると、本当に長引き、膿のように大きくなったときには、皮膚科にまで行っていました。

今思えば本当に非生産的というか、時間と精神力の大いなる無駄でした。

…きっと私と同じような肌質の方は、この悩みはおわかりいただけるのではないでしょうか?

また、冬の寒い時期や、仕事のストレスがひどい時期などに、口周りによく「アダルトにきび」ができていたのですが、それもほぼ発生しなくなりました。

ムダな出費が減っている事を確実に実感

私は2、3年に一度、先の写真でお見せしたような、有名メーカーの最高級シェーバーに買い換えをしていました。

「そんなの、今あるやつずっと使えばいいじゃん!」と思われるかもしれませんが、当時は、日々のカミソリ負けの悩みが本当にひどかったんです。

鈴木ヒロシ鈴木ヒロシ

今のカミソリ負けが少しでも軽減されるのなら、数万円かかっても仕方ない!

という気持ちで、新製品が発売されるたびに、新しいものを買っていました。

お見せしている写真でもおわかりいただけると思いますが、私鈴木は、「丸顔 色白 団子鼻」で、いわゆる「とっちゃん坊や」的な顔立ちです。

このタイプの顔を持つ男は、ヒゲがある事による男の渋さは加点0点。

カミソリ負けの汚なさによるマイナスポイントだけが日々ガツンと発生するのみで、本当に良いことがないんです…

ですので、少しでもそのマイナスポイントを減らすために、高級な電気シェーバーを買うというのは本当に仕方がない事だったんです。

そりゃこんなモン買うよりも、自分の好きなものを買ったり友達と飲みにでも行けた方が、よっぽど良かったですよ!

この多額の電気シェーバーへの出費がなくなったことに加えて、シェービング処理をする前の、プレシェーブローション・アフターローションも両方とも必要がなくなったことも、大きいです。

地味に年間数千円~数万円は使っているヒゲ剃りグッズ....

私はこのローションも、最後に、これだ!というところに行き着くまで、20種類以上は試したと思います。

最後に決まったのは、ギャツビーのパウダータイプのもので、ここに至るまでは、カミソリ負けが強烈に悪化した某大手◯社のローションなど、本当に紆余曲折ありました。

だいたい電気シェーバーの買い替えが2年に1回程度でしたので、これと、日々使用していたローション代を考えると、おそらく2年で5万円ぐらいの出費になっていたのではないかと思います。

私が今のレベルのひげ脱毛完了までに払ったお金は約12万円ですが、4年経過した現在で、もはやほとんど元を通ったといっても過言ではないぐらいの満足感があります。

もし、タイムマシンで昔に戻ることができたら、今のように安い料金で髭脱毛ができない時代であったとしても「お前、ヒゲ脱毛行ってこい!」と昔の自分に教えてやりたいです。

とにかくもう「朝が楽!」

髭そりというのは、当然会社に行く前の朝行うわけですよね。

朝っていろいろ慌ただしいもの…

その毎朝やらなければいけない儀式の中で、カミソリ負けをして薬を塗ったり、なんとかごまかそうと、姉ちゃんのファンデーションをふりかけたりしていたのは、本当に無駄で嫌でした。

特に、外の営業まわりの日に、可愛い受付けの女の子のいる会社に行くときなど、何とも残念な気持ちになったものです…(ま、コンディションが良かろうがそもそも何のドラマも生まれねえだろ!というのは置いといて)

私のようにカミソリ負けをしない人であっても、プレシェーブローションを塗ってひげ剃りをし、顔を洗ってアフターローションを塗る…という一連の作業は、まあ早くても5分ぐらいはかかりますよね。

朝の5分というのは、やっぱり貴重ですよね。

これまで無駄だった5分を、他の事に使えるようになる。

これがその後一生続くものとすれば、その実質的な時間の節約メリットもかなり大きいですよね。

ヒゲがなくなれば5歳は若く見られる。は本当

以前、とある美容コンサルタントの方が書いているコラムを読んだ際、

「ヒゲ脱毛すると、男性は5歳は若返ってみえます。」

と書かれていましたが、これは実際、5歳くらいは確実に若返って見えると思います。

実際私のビフォア・アフターの下記の写真を見ていただいて、どう考えても、4年余計に年齢を重ねているはずのアフターの写真の方が、若く見えないでしょうか?

顔のタイプによっては、5歳以上若く見られることも平気でありえると思います。

  • とっちゃん坊やタイプの顔
  • 元が老け顔で実年齢より上に見られるタイプの顔

この場合は、それこそ10歳くらい若く見られても不思議ではありません。

実際、とっちゃん坊やタイプのモデルケースともいえる顔立ちの私鈴木は、ヒゲ脱毛完了後、新しく会った人と年齢の話になった場合、ほとんどの人に、実年齢より8~12歳くらい若いという印象を持たれていました。

ヒゲが原因でフケて見えるタイプにとって、ヒゲ脱毛はかなり強力な見た目年齢の若返り効果があります。

全国の「とっちゃん坊や」「フケ顔」なメンズの方。

髪型やファッションを若作りしたり、美肌エステに通うよりも、絶対にヒゲ脱毛の方がコスパが高いです。

昨年行った専門学校の同窓会でも、

口コミ男性:スーツ

なんか鈴木だけ、10年前とイメージが全然変わらねえな!…だいぶ太った以外には、当時のままやな(笑)

と言われました。

30代も後半に差しかかり、まだまだ婚活中…若くて可愛い女の子をゲットするチャンスを諦めたくない!という、まさに私のようなタイプの方にとって、ヒゲの永久脱毛は間違いなく素晴らしい投資になると思います。

まとめ 髭脱毛をして後悔した事は?…はい、ミジンコほどもありません。

ネットの質問投稿サイトや掲示板などを見ると、

茶髪の顔なしメンズ

ヒゲ脱毛をして、あとで後悔している人はいませんか…?さすがに将来も永久に生えてこなくなるのはちょっと不安で、する事をためらっています…

という投稿があったりします。

私も、自分自身がヒゲの脱毛決意する前には、こういった気持ちも少しありました。

ですが、将来ヒゲがなくなって何かデメリットがあるのか…?という事を考えた場合、考えられることはただ一つで、

ヒゲのある渋い男がモテる一大ムーブメントが世の中に発生する

男性のヒゲへの女性の印象は?

というレアなケースのみで、それ以外で考えられるデメリットなど何もありません。

特に、私のようなとっちゃん坊やタイプの顔の人間にとって見ると、たとえその時代がやってきたとしても、ヒゲを生やして渋い顔ができ上がる可能性は限りなく0%に近く、もはや期待感すらありません(笑)

ひげがあることが格好いい男性…というやつは、元がイケメンなんですよ。

ブサメンがヒゲでプラスになってモテるなんてのは、まあありえないですよね。

ブサメンでもヒゲを魅力的に使える人というのは、ヒゲのデザインが上手なだけではなく、ファッションや雰囲気などトータルで魅力がある人ですよね。

ですので、将来年齢を重ねてから、ヒゲがある方がモテるかもしれない!という妄想は、まさに妄想でしかないんですよね。

ひげが似合う顔立ちか、もしくは髪型やファッションも含めたトータルでのおしゃれに自信があるタイプの人間でなければ、絶対にヒゲ脱毛をした方が魅力アップになります。

今の時代、髭脱毛も効果の確かな医療脱毛が、顔全体で12万円から15万円程度もあれば、もう一生生えてこないレベルにきっちりと永久脱毛する事ができます。

先の私の例でお伝えした通り、電気シェーバーやローションを買わなくても良くなる実質的な節約メリットを考えれば、本当に5年もあれば十分に元を取ってしまえることになります。

それに加え、朝の自由な時間が増えて、見た目年齢も若返り事ができる…こんな良いこと、ありません!ホントに!

ヒゲ脱毛唯一の注意点は中途半端にやってはいけないという事

ヒゲ脱毛で唯一注意しなければいけないポイントは「中途半端な予算でやってはいけない」という事です。

脱毛は一度処理した毛穴からは、そのあとも将来的に毛が生えてくることはなくなります。

これ自体は嬉しい事であるのですが、その半面、

中途半端なところでやめてしまうと、まだらな状態になり、荒れ地の雑草のような生え方になります。

そのみっともなさは、いわゆる「無精髭」と呼ばれる、女子ウケ最悪の「手入れをされていないヒゲ」すら勝負にならないくらいの、圧倒的なカッコ悪さになります。

「え、そのヒゲ何ですか…ちょっとありえないんですけど…」

ですので髭脱毛開始する際には、

必ず、サロンやクリニックで推奨されている「ヒゲ脱毛が完了できる回数のプラン」を選んでください。

お金がないので、まずは予算内で少ない回数で契約をする…というのは、地獄行きの選択ですので絶対にやめてください。

いやホント、もはや「顔芸か!」というレベルにみっともなくなります。

まとまったお金が無い場合は「ヒゲ脱毛が完了できる回数のプラン」を、分割払いで契約してください。

今ではヒゲ脱毛でも、少額で受けられる体験トライアルプランを用意しているエステやクリニックもありますが、一度こういったものを受けてしまったら、実質もう本契約をするしかない状態になります…

ヒゲ脱毛の契約をするにあたっては、このポイントだけは十分に注意してください。

…以上、ヒゲの永久脱毛を開始して4年が経過した私鈴木がお話してみました。

現在ヒゲ脱毛をするか迷い中だったメンズの方の参考になりましたら嬉しいですm(_ _)m