医療レーザーによる永久脱毛にかかわらず、エステサロンの脱毛でも、家庭で自分で行う自己処理の脱毛でも、剃毛した後、毛が抜け落ちた後は、いったん毛穴が閉じ、次に伸びてくるムダ毛の中には、その閉じた毛穴の中に埋もれてしまうものも出てきます。

私、鈴木ヒロシの医療レーザーによる永久脱毛の経過においても、もうほとんど伸びなくなっている(生えなくなっている?)感じのムダ毛は、閉じた毛穴の中に埋もれて、皮膚の表面に出てくるのがかなり遅くなっているという印象があります。

このような状態になっているのを見ると、爪でひっかいたりピンセットで取り出したくなりますが、これが通常のまだ生きている毛穴だった場合には、無理に抜くと毛周期が変わってしまう事になります。

毛周期が変わってしまうと、次の医療レーザー脱毛を受ける際に、その部分のムダ毛が、「成長期」のタイミングではなくなってしまっていて、レーザー照射を受けた際に、充分な効果を得られない事にもなってきます。

(医療レーザーは黒い色に反応するので、退行期になっているムダ毛の毛根に対しては、反応が弱くなってしまうため)

ですが、この毛穴の中で埋もれてしまっているムダ毛というのも、ずっと放置をしておいたままでは、なかなか皮膚の表面に出てこなくなり、そして、その閉じた毛穴から出ようとする動きで、毛穴が赤くポツポツとした状態に見えてきます。

この現象は、しっかりと太い男性のヒゲや、ワキのような部分の場合、または、手の甲や指などの薄く柔らかい毛の場合はしませんが、その中間くらいの太さと硬さのある、足の毛において発生しやすいです。

脱毛の経過で毛穴の中に埋もれてしまったムダ毛の写真画像
脱毛の経過で毛穴の中に埋もれてしまったムダ毛の写真画像

正直、女性であれば特に、このような肌のコンディションになってしまう事は避けたいと思います。

ですが、無理に引っ張り出そうとして、間違って抜いて毛周期が変化したり、肌のコンディションがさらに悪化したり…というのは避けたいところです。

私は男ですし、あまり足を人前に出す機会などはありませんので、それほど気にはしていませんが、それでも長期間このような状態にあると、さすがになんとかしたいと感じてきます。。

どうすればいいのかな~…と思っていたら、思わぬ偶然から、この「埋もれたムダ毛の良い解消法」を発見しました!

◆お風呂にゆっくり浸かって、ムダ毛が埋もれた毛穴をケア

その方法というのも、特別な事などなにもなく、

「お風呂にゆっくりと浸かる」

という簡単な方法です。

私も意識的にこれをやったわけではありませんが、健康とダイエットのためと思って、湯船に浸かりながら1時間くらい読書をして上がってきたところ、ムダ毛が埋もれてポツポツ赤かった毛穴が、さらに赤くなるという状態になっていました。

埋もれた毛穴もお風呂につかって解消!

この赤みが強い毛穴ほど、外に出ようとする力が強いムダ毛が眠っているようで、少し手で撫でると、ヒョコッと飛び出してきます。

お風呂に長時間入っていると、肌がふやけますが、肌がふやけた状態になると、中のムダ毛の方がそ、のふやけた肌より硬いので、自然に表面出てくるのだと思います。

この方法であれば、ムダ毛の毛周期を変化させる事なく、また肌を傷つける事もなく、毛穴に埋没したムダ毛を、上手に毛穴から出し、正常な状態に戻す事ができます!

これは我ながら、なかなか良い発見だったのではないかと思います。

以上、脱毛中の「ムダ毛の埋もれ」と肌の赤みが気になっていた方は、ぜひお試しになってみてくださいね~(^^)

ただ、脱毛のレーザー照射を受けた当日は、入浴をしてはいけないという事になっていますので、それにはご注意を!