レーザーによる脱毛処理をした後には、小さな白いニキビのような膿がたくさんできる事があります。

これは、傷ついた肌の毛穴から雑菌が入り、それが膿になったものです。

軽い状態であれば、電気シェーバーやカミソリなどでヒゲやムダ毛を剃った後に、カミソリ負けをしてできるものと、見た目もほぼ同じかと思います。

ちなみに私がヒゲのレーザー処理による永久脱毛した際も、施術を受けた直後に、髭まわりに2、3箇所確認でき、それが消えるまで3、4日間かかりました。

汚らしいどアップ写真で恐縮ですが、下記の写真の青丸をした部分のような状態ですね。

永久脱毛レーザー脱毛照射後の肌トラブル:毛のう炎

人によって、症状のレベルが違いますが、多かれ少なかれ、医療脱毛のレーザー照射の後は、これが少しできると思っておくほうが良いです。

この症状がひどくなると、毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれる状態になり、この状態になった場合には、お医者さんに行って治療を受けなければいけないようなレベルに発展する事もあります。

もちろん、この状態がずっと治らないままでは、その部分は次のレーザー照射を受けることができませんので、脱毛の施術を受けるための肌のコンディションを整える意味でも、治りが遅いと思ったら、早めに対処するようにしましょう。

私の場合は、カミソリ負けをして、翌日ちょっと白いポツポツができた…というものと、症状がほとんど変わらない感じだったので、特にお医者さんに行ったり、薬を塗るという事はしませんでした。

ただ、この状態のときには、ヒゲを剃るためのプレシェーブローションを塗る事も、刺激でダメージになると思いましたので、治るまでの3日間程度は、髭そりをせずにマスクをして過ごしました。

私が施術を受けた湘南美容外科で聞いた時にも、刺激を与えないようにして清潔にしていれば、ほとんどの場合はお医者さんにかからなければいけないような症状にはならない…という事でしたので、

・清潔な状態を保つ
・むやみに触ったり刺激したりしない

という事に気をつけておけば、レーザー脱毛の後に、ひどい毛嚢炎(もうのうえん)になってしまうような事は、あまりないのではないかと思います。

基本的には自然治癒をしていくものと考えておいて、もし、日を追うごとにどんどん膿が大きく広がっていくような状態になれば、早めに皮膚科のお医者さんに行く!

と考えておけば良いかと思います。

この白い小さなポツポツの膿ができている状態は、芯ができているニキビとは違った状態という事ですので、症状がひどくなってきたので、手持ちのニキビの薬を塗ってみよう…というのは、やめておいた方が良さそうです。

ひどくなる前に、早めに皮膚科!

と考えておきましょう。

以上、医療レーザー脱毛の施術を受けた後にできる、白い膿、毛嚢炎(もうのうえん)についてのお話でした。