こんにちは!永久脱毛リアルの鈴木ヒロシです(^^)

湘南美容外科クリニックでの腕(肘下・手指)の医療レーザーによる永久脱毛の施術を受ける日がやってきました。

腕と手指の永久脱毛:初回施術の前日の状態

これから、初回の医療レーザーによる永久脱毛の施術を受けて、そこからの経過がどうなっていくのか?という事を、写真と動画を添えて、リアルな本人口コミ体験談としてお伝えをしていこうと思います。

これまでは、ヒゲと足の永久脱毛で通院をしていましたが、その途中で、腕の脱毛についても割安で受けることのできるキャンペーンがあり、そのタイミングで申し込みをしました。

私が申し込んだ際のプランは、3回セット19800円というものでした。少しお得な料金だと思いますが、頻繁にキャンペーンを行っている湘南美容外科クリニックの脱毛料金としては、それほど破格な割引という事ではなかったかと思います。
ヒゲ脱毛を申し込んだ人限定のトライアル

ですが、ここ最近の医療脱毛業界の動きを見ていると、料金はどんどん値上げされている傾向にありますので、この先もしかすると、待っていても安くなるどころか高くなる事しかないかもしれない…という気持ちもあり、ここで決定する事にしました。

>>現在の最新のメンズ脱毛のキャンペーンと価格はこちらから確認できます。

また、特に私の場合は、遠方から出張のタイミングに合わせて湘南美容外科に通院をしていますので、後でまた追加で別の体の部位の永久脱毛をしたいという事になった場合、また新たに通うという事になるのが結構大変なので、この機会にやってしまおう!という気持ちもありました。

髭脱毛と足脱毛をした時点で、ワイルド路線は完全に捨てていますので、腕の方も清潔感重視!という考え方ですね(笑)

あとは、手の甲と指の範囲もきちんと含まれるという事も、決定をした大きな理由の一つですね。

私は手の指のムダ毛もそれほど濃いというわけではないのですけども、なぜか小指だけ黒々としたそこそこ太めのムダ毛が生えてくる体質で、他の指がそれほど濃いものではないところに、ちょっと目立って見えるんですね。これが嫌で、これまでも定期的にカミソリで処理をしていました。

手の指というのは自分でも毎日見る部分ですので、この部分がキレイになっていると、自分自身でも気分が良いだろうな~!という考えもありました。

髭脱毛の無制限コースとは違い、腕(肘下・手指)では3回コースですが、それでどれだけキレイになるかな?と楽しみにしています。

それでは、第1回の腕と手指の永久脱毛のスタートです!

◆腕(肘下・手指)の医療レーザーによる永久脱毛の施術

私の場合、ヒゲと足と腕という体の三つの部分で永久脱毛のレーザー照射を、同じ日に申し込んでいたので、流れとしては、まず最初にヒゲ脱毛、その次に足、そして最後に腕という順序でした。

他の体の部位でのレーザー照射を受ける場合と同様、腕と手指も、前日に自分で剃毛をしておく必要がありますので、自分がこの部分のムダ毛はすごく薄いからといって、剃らずにそのまま行くようなことはしないように注意しましょう。

腕の脱毛においても、ヒゲや足と同じように湘南美容外科クリニックでのアレキサンドライトレーザー脱毛では、事前に冷やしたりクリームを塗ったりという事はありませんので、そのまますぐにスタートです。

腕と手指という事で、注射みたいな感じで、台の上に腕を乗せて…というのをイメージしていましたが、ヒゲや足の脱毛と同じように、施術台に横になる形でした。

湘南美容外科新宿レーザー院の施術室

◆腕と手指の医療レーザー脱毛の痛みについて

まず、これから医療レーザーによる永久脱毛をしようと考えている方が、一番気になる施術中の痛みについて。

これは私の場合、かなり軽く、痛みはほとんど無かったです。

下記は施術直後の写真をその場で撮ったものですが、見てのとおり、赤くなっているところも全然ありません。

腕・手指の永久脱毛 初回施術直後の写真1

髭などのように、毛根が太いわけではありませんから、当たり前といえば当たり前なのですが、ほとんどムダ毛が生えていない腕の内側の部分などは、ただ冷たい空気を吹きつけられているような感覚しかありませんでした。

ですがやはり、手の甲の外側の少しムダ毛が濃かった部分や、私の手指のムダ毛の中で一番濃い小指については、少々痛みがありました。

とはいえ、麻酔をお願いしたいと思うようなレベルでは全くなく、痛みをこらえることにはあまり自信のない方であっても、全く問題がないレベルかと思います。

この部分のムダ毛がものすごく濃い男性であれば、もしかするとそこそこの痛みが伴うのかもしれませんが、女性であれば、人よりも少し濃いと思っているくらいの方でも、何の問題もないだろうと思います。

結論として、腕と手指の医療レーザー脱毛をでは、痛みはほとんど気にするレベルではない!という事になるかと思います。

◆湘南美容外科での腕と手指のレーザー照射範囲について

私の場合は、指の第一関節(指先に近い方)と腕の内側にはほとんど毛が生えていませんので、こちらについては、自分自身、レーザー照射の対象範囲になっているのか?という事を気にしてもいなかったのですが、ちゃんとこの範囲も含まれていました。

第一関節の方は、ムダ毛が生えてきている毛穴そのものが確認できないという事で、必要ないところは照射の対象から外されましたが、腕の内側については、そういった細かいことを聞かれず、全体をまんべんなく照射してくれました。

下記の2枚の写真の部位は、全体が対象となります。

指は全体が永久脱毛レーザー照射の対象範囲

腕の内側も永久脱毛のレーザー照射の範囲内!

湘南美容外科の脱毛では「ヒザ下脱毛」などでも、足の甲と指まで全部やってくれるので、他のクリニックと比較して、対象範囲が広く良心的かと思います。

また、肘下という事でしたので、ヒジの半分くらいの下側しかやってもらえないのかと思っていたら、ヒジ全体あたりまで照射してくれました。

つまり肘下(ヒジ下)脱毛では、

・指も第一関節や第2関節までなどの区切りはなく、全体
・腕の内側も含まれる
・ヒジ周辺は結構広い範囲までやってくれる

という事になります。

ムダ毛が生えている範囲が広い方でも、追加料金などを取られる心配がない、安心なプランではないかと思います。

かかった時間はおそらく両腕で30分ぐらいだったでしょうか。

家庭用脱毛器(イーモリジュという機器)でやっていたときは、両の脱毛をするときには、保冷剤と機器のハンドルを持ち帰る作業の連続で、すごく面倒でしたので、あ、もう終わったんだ…という感じでした。

◆腕・肘下(手指)の永久脱毛レーザー照射1回目を終えて

腕・肘下(手指)の脱毛レーザー照射は、両腕で30分ぐらいで完了しました。

ただ、私の場合は直前に終わった足の冷却などの処置も並行して行われていたので、腕だけの脱毛であったとすれば、もう少し早く終わったのだろうと思います。

やはり専門の機器で、プロに処置をしてもらうというのは、スピードの面でも圧倒的に速いです!

今回、ほとんどムダ毛が生えていない腕の内側の部分のレーザー照射を受けた際に、新たに気付いた事がありました。

アレキサンドライトレーザーは黒い色に反応するという事でしたが、ムダ毛が全く生えていない部分でのレーザー照射であっても、少々の痛みは感じるので、痛みは全て、ムダ毛が焼かれた事による痛みではなく、単純にレーザーが肌に当たった事での痛みもあるという事ですね。

ですので、ムダ毛が全く生えていないような部分で、自分の目で見た分にはコンディションには問題がないと思われる部分でも、脱毛を施術後の保湿などのケアはしっかりと行った方が良いという事になりますね。

あと、私は右腕に小さい頃にできた、10センチぐらいの細長い傷跡があるのですが、これについては、特にレーザー照射を避けるようなレベルではなかったようで、普通に照射されました。

下記の写真がその傷跡です。

傷跡もこの程度であれば永久脱毛レーザー照射は受けられる

照射後の状態を見ていても、この傷跡の部分が、腫れた、赤くなった、という事はありませんので、少なくとも今回は全く影響がなかったように見受けられます。

以上、次に湘南美容外科に行くのは2ヶ月後になりますので、またそこに至るまでの経過を、写真と動画などをまじえて、お伝えしていきたいと思います。

これから、腕と手指の医療レーザーによる永久脱毛をしようと考えている方は、ぜひ参考になさってみてくださいね(^^)