ピーリングジェル・石鹸のおすすめランキング!効果が高い自宅ケアの口コミ

◆ピーリングを行う際の注意点からおすすめ商品の選び方まで徹底解説!

こんにちは!管理人の鈴木です(^^)

今回は、もはや肌ケアの定番となった「ピーリング」についてお話をしてみたいと思います。

ピーリングは正しい方法で行うのであれば、肌のコンディションを維持する・肌を美しく見せる事に役立つものではありませんが、

反面、間違った方法で行うと、肌にとってかなりリスクの高い方法でもあります。

肌トラブルの改善のために行ったピーリングで、肌トラブルを抱えてしまってはあまりにも残念…

そんな失敗をしないための、ピーリングの注意点と、使用するジェル・石鹸などの商品の選び方についてお話をしてみたいと思います!

ピーリングとは?

まず、ピーリング(Peeling)って何?という事ですが、
ピーリングは英語では直訳すると「皮むき」。

なんだかお肌ケアの用語で皮むきなんて言われたら、ちょっと過激なイメージがしてしまいますよね(笑)

もちろん、現実のピーリングはそんな皮をむくような怖い行為をする訳ではありませんが、イメージとして「やり過ぎは良くないもの!」と認識するために「皮むき」と思っておくのは良いかもしれません。

一般的に世間で言われる「ピーリング」が指すものは、

肌に溜まった古い汚れや角質を落とし、肌のコンディションを美しく保つ

という行為ですね。

ピーリングには自宅ケアと医療レベルのケアがある

ピーリングには医療レベルの、専用の機器や薬品を使用する「メディカルピーリング」と呼ばれる方法と、市販のジェルや石鹸を使って自宅でケアする方法との2つに分かれます。

もちろん効果としては、医療クオリティのものとなるメディカルピーリングの方が高いです。

ただ、メディカルピーリングは病気や怪我の治療というものではなく、

美容外科・美容皮膚科で提供されている保険外診療のサービスとなりますので、それなりの費用がかかります。

お金の問題だけではなく、家の近くにそういったサービスを提供している美容皮膚科がないと、当然受ける事もできません。

ですので、私達が一般的に利用しやすいのは、市販のピーリングジェルやピーリング石鹸を利用しての、自宅でのケア方法となります。

これは、歯のホワイトニングで、お医者さんでやってもらうのと、自宅用キットがあるのと同じですね。

ピーリングをする事での効果

ピーリングをする事によって、汚れていた毛穴の詰まりが解消し、古い角質が除去される事によって、肌がキレイになり、白く明るく見えるようになります。

美肌ケア

また、溜まっていた汚れが落ちた事によって、同じ場所に何度も出来ていたニキビがそれ以降は解消されたり、吹き出物が出やすかった肌のコンディションが改善されたりする効果もあります。

ピーリングを検討している方は、何らかの肌トラブルを抱えた事がきっかけとなる場合が多いかと思いますが、普段の生活の美肌ケアとしても有効な方法です。

肌トラブルが無い状態であっても、年齢とともに肌のターンオーバーは低下しますので、定期的なピーリングをする事によって、アンチエイジング・ダウンエイジングの効果も期待できます。

ピーリングをする際の注意

ピーリングを行う際の注意点として「絶対にやりすぎてはいけない!」という事を、まず心の中にしっかりと持っておきましょう。

冒頭でお話をした通り、ピーリングの語源は「皮むき」であり、削ぎ落とす事を目的としています。

ですので、低刺激なホームケアのピーリングジェルや石鹸であっても、連続で使用すると、肌の必要なものまで削ぎ落としてしまう事になります。

ジェルや石鹸などでピーリングをする際には、その製品ごとに使用頻度の目安のようなものは必ず書かれていますので、必ずチェックするようにしましょう。

また、複数のピーリングジェルやせっけんを同時に使うという事もNGです。

これらの商品は使用されている成分が共通している事も多く、一定期間内に何種類もの商品を使う事は、推奨される使用頻度を越えてしまいます。

ピーリング後は肌の乾燥対策と日焼けケアに注意!

ピーリングを終えた後の肌は、良くも悪くも肌の表面からは、角質層が削ぎ落とされた状態になっています。

この状態は、肌の保護バリアが弱っている状態ですので、この状態を放置しておくと、様々な肌トラブルの原因となってしまいます。

乾燥しているお肌は、外部からの刺激に対して体を守ろうとする働きからメラニン色素を作るとも言われています。

肌が乾燥して、無防備な状態を放置しておくと、女性の美容にとっては大敵のシミができる大きな原因になってしまいます。

ピーリングをした後は、必ず、化粧水や乳液などでお肌の保湿ケアをする事と、積極的に日焼け止めを利用するようにしてください。

医療レーザー脱毛を受ける前には日焼けに注意!

日焼け止めは、メイク落としやディープクレンジングオイルを使わなければ落ちないような、強いものを使う必要はありません。

日焼け止めのSPF数値などは、日焼けが発生するまでにどのぐらいの時間守ってくれるか?という事の目安で、数値が大きいからといって、低いものよりも防御力が高いという事ではありません。

あくまでも、時間が長持ちするという事です。

ですので理想は、赤ちゃんの肌にも使用ができると表示されているような、通常の石鹸などの洗顔で落とせるような成分のものを、1~2時間ごとにこまめに塗るのが良いです。

こうすれば肌にも優しく、落とす際にもクレンジング剤などを使わなくて済みます。

ピーリングをした事での副作用・危険性

ここまでのお話の通り、ピーリングというのはやりすぎることによって、逆に肌にダメージを与えることになってしまい、これまでに発生していなかったような症状が出てくるケースもあります。

ニキビがピーリング以前よりもひどくなる
肌が赤くなりヒリヒリするようになる

これらの症状が発生した状態になると、普段問題なく使っている化粧品ですら、刺激になってしまい、そこから深刻な肌荒れに発展していく場合もあります。

ですのでピーリングを行う際には「絶対にやりすぎない!」という事を、必ず心に留めておいてください。

ピーリングのジェルや石鹸等のおすすめ・選び方について

ピーリングのジェルや石鹸等を選ぶ際には、それぞれの年齢や肌の状態(乾燥肌・オイリー肌)等によっても最適なものが違ってきます。

また、お肌のコンディションというのも年齢によって変化していくものですので、若い頃に使っていたピーリングジェルは、今現在の肌状態には最適なものではない可能性もあります。

ですので、購入する前には、ネットのコスメの口コミサイトや商品レビュー等から、自分と年齢や肌状態が違い人の意見を参考に選ぶのが賢い方法です。

使ってみないと自分の肌に合っているかどうかはわかりませんので、無料サンプルや格安のトライアルキットのようなものがある商品であれば、まずはそれらから試してみるのが良いですね。

基本的には低刺激のものを選択する事

ピーリングをしたいと考えている方の中には、実は毛穴の汚れやターンオーバーにはそれほど問題がない状態である場合もあります。

皮膚科の専門医の方が書いている書籍などでもよく書かれている事ですが、自分のお肌が汚いと気にしている人が、

実は「上手に洗えていない」のではなく「洗いすぎ」が原因で肌トラブルが慢性化している

というパターンもあります。

ですので、通販で人気の高いピーリングジェルや石鹸をいろいろ使ってみても、お肌の汚れが取れていないような気がする…と感じてしまう方は、逆に一度、ピーリングそのものを一定期間やめてみるべきです。

そうする事によって、ピーリングをしない状態での肌のコンディションを知ることができますし、それによって、本当に今の自分にピーリングが必要か?という事も見えてくるかと思います。

…以上、永久脱毛リアル管理人の鈴木が、ピーリングについてお話してみました。

ピーリングは脱毛効果を上げる役割もありますので、今後、管理人&体験レポーターで実際に試してみた方法・商品について、また本人口コミ体験談として、感想をレビューしていきたいと思います。