医療レーザーによる足(脚)の永久脱毛(男・メンズ)をしてから2週間が経過した状態が、下記の写真の状態です。

◆医療レーザーによる足の永久脱毛 初回施術から2週間経過した状態の写真画像
永久脱毛後約2週間の足の状態

この写真ではわりとツルツルな状態に見えるかと思いますが、これは、2週間、ズボンを履いたりお風呂に入ったりする事で、レーザー照射で弱って毛根から抜けたムダ毛が、かなり落ちていったからですね。

先週の1週間が経過した時点での内容でも書いていましたが、指でつまんで、少し引っ張るとスルスルと簡単に取れるムダ毛の事です。

ちなみに、抜いた物の毛根をちょっと接写してみると、下記のような感じで、毛根が完全に潰れているという事はなく、少し残っているような状態ですね。

レーザー脱毛後に勝手に抜けてくる毛

このような感じで、抜け落ちたムダ毛の、次に生えてくるものが、生き残った予備軍で、その予備軍も、これまでよりも弱々しくなっている…それを繰り返すうちに、生えてこなくなる!というのが、医療レーザーによる永久脱毛の流れだそうです。

今はまだ2週間が経過した状態で、どのぐらいの割合が、実際に本当に生えてこなくなるのか?という事はまだちょっとわからないところではありますが、期待は高まります。

目を凝らして毛穴を見てみると、毛穴がポツポツと鳥肌のように確認できる部分もあれば、完全にツルツルのような感じになっていて、毛穴が見えないようになっている部分もあります。

この前ツルツルになっているところは、もしかしてだけど、もう生えてこないようになったのではないか…?と、期待しながら見ています。

トータルでの肌の状態としては、1週間が経過したところからは特に変化がなく、ここに来て何か肌トラブルが発生してきた…思わぬ状況になってきた…という事は、全くありませんね。

この期間も、日にあたるような事は全くしていませんので、日焼けによる肌トラブルも当然ありません。

お風呂も、普通に入っていましたし、1日ビール一杯ぐらいはお酒も飲んでいました。

予想していた通り、特に何ともない良好な状態です。

一つ変化として感じることと言えば、初めてのレーザー脱毛の施術を受けた時に、怪我をしていてレーザー照射をしてもらえなかった部分のムダ毛が、明らかに伸びているという事です。

下記の写真画像のような状態ですね。
怪我でレーザー照射してもらえなかった部分はムダ毛が伸びてきた!

このような感じで、見た目的には、部分的にムダ毛がチョロチョロと出ている、ちょっと恥ずかしいような状態ですが、これを見て、医療レーザー脱毛の間違いのない効果というものを実感しました!

照射していないところが、明らかに伸びていますからね。

早くも、二回目以降のレーザー照射への期待が高まります。

次回はこのように、照射してもらえないところがないように、絶対に怪我をしないようにしなければ!

…以上、医療レーザーによる足の永久脱毛してから約2週間が経過したところの状態でした。

>>足の永久脱毛(男性・メンズ)8話 初回施術から三週間後の状態